カートをみる マイページ ショッピングガイド お問い合せ サイトマップ
 

新茶収穫直前、豊芽期は良好です。

今年の大和高原は積算気温が高く、奥中園茶畑では例年よりも約1週間早く豊芽期を迎えました。


一斉に新芽が出揃った時期(豊芽期)の良し悪しで新茶の品質や出来高が予想できます。
結果は?農林水産大臣賞を受賞した昨年以上に素晴らしい成長ぶりです。(4月4日取材)


3月末の土壌への有機肥料(肥料やり)に続き、今回は仕上げの有機液体肥料でたっぷり栄養分を与えます。


約25日後には青々した、元気な新茶に育ちます。今から一番茶の茶摘みが楽しみでなりません。
あとは霜被害&猪暴走による被害が無いことを祈るだけです。

ページトップへ