カートをみる マイページ ショッピングガイド お問い合せ サイトマップ
 

摘み取りから荒茶まで

摘み取ったお茶の生の茶葉が、飲めるお茶になるまでの工程を写真でご覧ください。

荒茶のできるまで

搬入

茶葉投入

摘んだ生茶葉が、ベルトコンベアーで加湿機に投入されます。

矢印

加湿

加湿器

加湿器の中で、まんべんなく蒸気で加湿する事により、

品質保持、鮮度保持を行っています。

矢印

蒸熱

お茶加工の中で一番のポイント

加湿された生茶葉は、蒸し機の中へ送られ、110℃蒸気で60〜90秒蒸されます。

蒸す事で酸化酵素の働きを止め、葉色を保ちながら青臭さを取っていきます。

蒸し時間の長さによってお茶の味・香・色が決まる最も重要な工程です。

矢印

粗揉

荒揉み

蒸された生茶葉は、粗揉みを行います。

粗揉みは、茶葉を柔らかくしながら水分を取り除いていきます。

矢印

揉捻

揉念

茶葉の繊維や組織を柔らかくし茶葉を均一化します。

揉念機拡大

揉念機の拡大写真です。

矢印

中揉

中揉み

「揉捻」後に、更に茶葉の余計な水分を取り除きます。

矢印

精揉

精揉

茶葉の形を整え、余分な水分とり、乾燥を行います。

精揉機拡大

熱風乾燥で水分含有量を5%程度にまで下げます。

精揉機の中、普段飲んでいるお茶葉の形になってきました。

矢印

乾燥

乾燥

最終的に茶葉を乾燥させます。

矢印

出来上がり

荒茶の出来上がり

これで荒茶が出来上がりました。

普段飲んでいるのは荒茶の場合と、

荒茶からさらに仕上げをされた仕上げ茶があります。

荒茶は、生茶葉100kgから20kg程度が生産されます。

いかがでしたか?

普段何気なく飲んでいるお茶も、生茶葉から、

色々な工程を経てお茶に生まれ変わります。

お茶に更に興味を持っていただけると、

奥中ともども嬉しく思います。

ページトップへ