カートをみる マイページ ショッピングガイド お問い合せ サイトマップ
 

安心安全のエコファーマー

奥中園では、化学肥料や殺虫剤系農薬を一切使用せず

有機肥料&自家製堆肥&液肥点滴を使ってお茶作りをしております。

化学肥料を使用すると雑草が生えない、

野生のイノシシや鹿に茶畑を荒らされない、

お茶の木の育成が良い等のメリットがあります。

しかし、化学肥料を使ってしまうと茶の木自身が

土壌から十分な栄養を摂取する事が出来ないばかりか、

害虫や病気に対しての免疫力が低下し、

殺虫剤系農薬を散布しなければならなくなります。

奥中園では、土壌作りに重点を置き、栽培を行うことで、茶の木自身が持つ免疫力を高めています。

奥中園でも最低限の予防農薬は使用します。

予防農薬とは免疫力を高めるワクチンのようなものです。

予防農薬を散布後は

念には念を入れて、

予防農薬が完全に消滅する期間(10日〜15日)を設け、

無農薬の状態で、茶葉を収穫します。

奥中園では茶葉の出来を確認する方法の一つに、

お茶の木から直接茶葉を摘み、

そのまま口に入れて、

その年のお茶の出来を確認しています。

これが出来るのも、

土壌作り&茶の木自身が持つ免疫力を高める栽培を行っているからです。

皆様に、美味しいお茶をお届するのはもちろんのこと、

安全で安心して飲んでいただけるお茶作りを行っています。

奥中園(奥中直樹)は奈良県知事よりエコファーマーとして認定された農業者です。

ページトップへ